↓↓【安くて安全!】スペイン行きの格安航空券はH.I.S.で予約がおすすめ!!↓↓

スペイン行き航空券の最安値を見てみる

【2022年】スペイン旅行費用の最新の相場はコレだ!予算を徹底ガイド!

スペイン旅行の費用・予算・現金について

これからスペインを旅行しようと計画している時に、避けて通れないのが費用や予算についてですよね。

どれくらいかかるのか、おおまかな金額を知りたい方も多いことでしょう。

また、現金はいくら持って行けばいいのかも気になりますよね。

そこでこの記事では、スペイン旅行の費用や予算、
持って行く現金についてまとめてみました。

だいたいの費用を割り出して、予算を立ててみよう!

それでは、早速見てみることにしましょう!

※記事中のユーロは、1ユーロ124円としておよそ換算したものです(2019/01/24時点)。

↓↓計画で悩んでいる方は、こちらの記事もどうぞ。参考になりますよ↓↓


Sponsored Link

スペイン旅行の費用や予算をシミュレーション!

スペイン旅行の費用や予算を出すために、各項目ごとに値段の相場を見ていきましょう。

ここでは、1週間の滞在を例にして費用を割り出してみることにします。

個人旅行

一般的に個人旅行の相場は、15万~25万円ほどです。

個人旅行の費用
安い 15万円~
スタンダード 20万円~
高い 25万円~

スタンダードなプランでは、航空券を10万~12万円ほど、三つ星ホテルにすれば20万円ほどで行くことができます。

限界まで安くした場合は、航空券を6万~8万円ほど、ホテルではなく
オステルやAirbnbなどにすれば15万円ほどで行くことが可能です。

航空券を10万~12万円で、ホテルや部屋の
グレードをアップさせた場合は、25万円ほどになります。

ツアー

ツアーだと、スペイン周遊7日間の場合、
25万~30万円ほどの相場となっています。

当サイトでは、個人旅行でスペインに行く方を想定して記事を書いていますが、
やはり個人旅行は不安という方もいらっしゃると思います。

スペインに行くのに不安があっては
現地に着いてからはおろか、旅行の計画も楽しめませんので、
少しでも心配がある方はツアーをおすすめします。

ツアーの予約はJTBがおすすめですよ。

ツアーページを見てみる

航空券

スペイン行きの航空券は、6万円~15万円が相場になります(諸税燃油代込み)。

イベリア航空、エールフランス、ドイツのルフトハンザ航空など
ヨーロッパ系の航空会社では、だいたい10万~15万円ほどになります。

カタール航空、エティハド航空、エミレーツ航空など中東系の航空会社では、
安くて6万円、スタンダード価格で8万円、高くて10万円ほどになります。

また、ロシアのアエロフロート航空は、6~7万円、
時期によって、中国の航空会社でも6万円の航空券を入手することができます。

6万円の航空券を入手して、できるだけ安く行きたいところですが、
カタール航空など中東系の航空会社は海外旅行に慣れている方向けなので、

ヨーロッパ系の航空会社を利用することをおすすめします。

ヨーロッパ系の航空会社 10万~15万円
中東系の航空会社 6万~8万円
ロシア・中国の航空会社 6万~7万円

利用する航空会社によって値段はピンキリなので、自分が納得できるチケットを入手しよう。購入する際には、安心・安全に予約できるH.I.S.やJTBがおすすめだよ。

H.I.S.で格安航空券を見てみる

JTBで格安航空券を見てみる

もっと安いチケットを探すなら、Surprice(サプライス)がおすすめだよ。大手旅行会社H.I.Sが運営しているオンライン予約サイトなので、安心・安全だし、発券手数料無料だよ。私は安さを重視するから、Surpriceで予約するよ♪

Surpriceで格安航空券を見てみる

↓↓こちらの記事も参考にどうぞ↓↓

航空券ワンポイントアドバイス

燃油サーチャージをご存じでしょうか。

燃油サーチャージとは、燃料価格の高騰にともなって、運賃とは別に航空会社に支払う追加料金のことです。

新型コロナウイルスの影響から原油価格が急落したため、

2020年6月~2021年5月は、スペインまで往復で0円となっています。

しかし、スペインへの入国情報は流動的に変わっているので、必ず以下のサイト等で最新情報を入手してから判断してください。

一般的に航空券は、現地に行く3ヶ月前に予約すれば、席が埋まることがほぼありませんのでスムーズに予約できますし、何より気持ちに余裕ができます。

航空券を先に取っておくと、旅行の準備もスムーズにできますよ。

予約には、航空券が豊富で安心・安全に予約できるH.I.Sがおすすめです。

↓バルセロナ行き航空券は安心・安全のH.I.S.で!航空券が豊富でおすすめです↓
バルセロナ行き航空券の最安値を見てみる

↓マドリード行き航空券は安心・安全のH.I.S.で!航空券が豊富でおすすめです↓
マドリード行き航空券の最安値を見てみる

↓↓こちらの記事も参考にどうぞ↓↓


ホテル

三つ星以上のホテルなら設備は整っており、
場合によっては二つ星ホテルでも設備は整っていますが、

ホテルの価格は都市によって異なります。

バルセロナとマドリードの2大都市ではホテルの相場が高く、
だいたい1泊1万円~1万5,000円ほどになっています。

セビリアやグラナダなど地方都市のホテルなら、
同じグレードのホテルでも1万円以下で宿泊することが可能です。

スタンダードな部屋の価格を、ホテルのグレードごとに表にしてみました。

都市 三つ星 四つ星 五つ星
バルセロナ 1万~1万5,000円 1万5,000~2万円 2万5,000~5万円
マドリード 1万~1万5,000円 1万5,000~2万円 2万5,000~5万円
セビリア 8,000~1万3,000円 1万3,000~2万円 2万~4万円
グラナダ 8,000~1万3,000円 1万3,000~2万円 2万~4万円

三つ星ホテルに1泊1万円として1週間泊まるなら、
ホテル代は7万円ほどになりますね。

朝食つきよりも朝食なしのプランの方が安いので、
費用を抑えたい場合は朝食なしのプランがいいでしょう。

朝食なら、前日にスーパーでフランスパンやヨーグルトを買えば大丈夫ですので。

ちなみにバルセロナでは、1泊1名あたり0.50~2.50ユーロの宿泊税がかかります。
ホテルのグレードによって異なり、チェックインかチェックアウトの時に
支払わなければいけないので、頭に入れておきましょう。

もっと出費を抑えたい場合は、バス・トイレ共同のオステルや
最近普及してきたAirbnbなどにすれば、3,000円台で泊まることも出来ますが、

スペイン旅行が初めての場合はあまりおすすめしません。
スペインに慣れたら利用を考えましょう。

ホテルワンポイントアドバイス

 

一般的にホテルは、土日祝日や連休などから予約が埋まりやすい傾向にあり、
スペインでもそれは同じです。

気に入ったホテルがあれば、今から予約をしておきましょう。

タイミングを逃すと、空室のあるホテルの中から妥協して選ばないといけなくなるので、注意してくださいね。

私自身もホテルの予約はまだいいか~と甘く考えていた時に、メドをつけていたホテルが満室になり痛い目に遭いましたので 苦笑、早めに予約することを強くおすすめします。

そんな私がいつもスペインに行く時に使っている以下のサイトで予約すると、こんなメリットがありますよ。

agodaでは、

・5%〜10%割引になるメンバー限定料金
・予約ごとに4~7%分のポイントが貯まるアゴダコインプログラム

Expediaでは、

・10%以上割引になるメンバー限定料金
・+VIP Access提携ホテル予約で2倍になるポイントプログラム

があります。

どちらも貯めたポイントは、支払い時に使うことが出来ますよ。
せっかくスペインのホテルを予約するからには、お得に予約したいですよね!

ちなみに私はスペインに行く時は、いつもagodaを主に愛用しています。

これまでいろいろ海外ホテル予約サイトを利用してきましたが、agodaが一番安いと思いますよ!

メンバーだと10%割引になりますし、予約ページや予約フォームが使いやすくて気に入ってます♪

以下にバルセロナとマドリードのおすすめ人気ホテルも紹介してるよ。参考にしてみてね。

↓↓バルセロナのホテルの最安値をチェック↓↓
agodaで最安値を見てみる
Expediaで最安値を見てみる
↓↓マドリードのホテルの最安値をチェック↓↓
agodaで最安値を見てみる
Expediaで最安値を見てみる

▼上記サイトより安いかもしれません▼

↓↓バルセロナのホテルはここで決まり!日本人観光客に人気のホテルです↓↓

※リンク先の【詳細を見る】をクリックで最安値が確認できます

バルセロナのおすすめ人気No.1ホテル【エクスポ ホテル バルセロナ】の最安値を見てみる

バルセロナのおすすめ人気No.2ホテル【ホテル サグラダ ファミリア】の最安値を見てみる

↓↓マドリードのホテルはここで決まり!日本人観光客に人気のホテルです↓↓

※リンク先の【詳細を見る】をクリックで最安値が確認できます

マドリードのおすすめ人気No.1ホテル【ラファエル ホテル アトーチャ】の最安値を見てみる

マドリードのおすすめ人気No.2ホテル【ホテル アグマール】の最安値を見てみる

食費

スペインでは何を食べたいですか?

本場のパエーリャ、トルティージャ、イベリコ豚にチュロス。
タコのガリシア風やアヒージョなんかもありますね。

もう全部食べたい!となりますが 笑、
残念なことに、費用を少しでも抑えるにはここを削るしかないですね。

レストラン・バル

スペインでは、昼食(ランチ)が10~15ユーロ、
夕食(ディナー)が20~50ユーロほどとなっています。

スペインでの外食費の相場はこんな感じです。

場所 値段
バル・カフェテリア 10~20ユーロ(1,240~2,490円)
レストラン(庶民クラス) 20~30ユーロ(2,490~3,740円)
レストラン(中級クラス) 30~50ユーロ(3,740~6,230円)
高級レストラン 50~100ユーロ(6,230~12,470円)
超高級レストラン(ミシュラン掲載店) 150~200ユーロ(18,710~24,950円)

以下に代表的なスペイン料理の値段をまとめてみました。

料理 値段
パエーリャ 15~20ユーロ(1,870~2,490円)
トルティージャ 10~15ユーロ(1,240~1,870円)
アヒージョ 10~15ユーロ(1,240~1,870円)
タコのガリシア風 18~20ユーロ(2,245~2,490円)
ハモン・イベリコ(イベリコ豚) 10~18ユーロ(2,245~2,490円)
チュロス 3.50~4ユーロ(435~495円)

メインひとつで食事できるのはパエーリャくらいで、
その他の料理はもう一品注文しないと物足りないかと思います。

チュロスは朝食におすすめです。

↓↓よかったら、こちらの記事もどうぞ↓↓

また、レストランやバルでの飲み物はこんな感じです。

飲み物 値段
1.50~2.50ユーロ(185~310円)
オレンジジュース 2.50~3ユーロ(310~375円)
生ビール 1.60~2.50ユーロ(195~310円)
ワイン 2.50~3.50ユーロ(310~435円)

スーパー

水やパンなどはスーパーで買うといいです。空港や駅で買うより安いのでおすすめですよ。
気になるスーパーでの相場もまとめました。

食品名 値段
水 500ml(スーパー) 0.30~1ユーロ(37~124円)
水 500ml(自動販売機) 1~1.50ユーロ(124~187円)
パン(フランスパン) 0.30~2ユーロ(37~249円)
ヨーグルト(4つ入り) 0.80~1.50ユーロ(99~187円)
サラダ 1~1.50ユーロ(124~187円)
パエーリャ(総菜) 3~3.50ユーロ(375~435円)
トルティージャ(総菜) 1~1.50ユーロ(124~187円)
ポテトチップス 0.80~1.50ユーロ(99~187円)

パエーリャやトルティージャなんかも総菜として売っていますので、探してみてください。
小腹が空いた時には、ポテトチップスなどのお菓子を食べるといいですよ。

ちなみに、マクドナルドやバーガーキング、
スターバックスなどファストフード店の相場は、
だいたい日本と同じか少々高めくらいと考えておいてください。

ファストフード店では、接客がかなり雑なので 苦笑、
日本と同じ感覚でいると面食らってしまうかもしれません 笑
言葉では注文が通じないことも多々あるので、紙に書いて見せるといいと思います。

水やパンなどはできるだけスーパーで買うようにして、
バルや庶民的なレストランでカジュアルに食べるようにすれば、

2万円くらいで、1週間まかなえると思います。

毎日おいしい物を食べたいというなら話は別だから、自分の納得する金額を考えてみよう。

↓↓よかったら、こちらの記事もどうぞ↓↓

観光費

観光スポットの入場料

以下に、代表的な観光スポットの入場料を表にしてみました。

観光名所 料金
サグラダ・ファミリア 15ユーロ(1,870円)~
カサ・ミラ 22ユーロ(2,745円)~
グエル公園 8ユーロ(998円)
FCバルセロナスタジアム見学ツアー 25ユーロ(3,118円)
プラド美術館 15ユーロ(1,870円)
レアル・マドリードスタジアム見学ツアー 25ユーロ(3,118円)
アルハンブラ宮殿 14ユーロ(1,746円)
セビリア大聖堂 9ユーロ(1,122円)
コルドバ・メスキータ 10ユーロ(1,240円)
トレド大聖堂 10ユーロ(1,240円)

観光バス

観光スポットを回れる観光バスは、バスから一通り外観を眺めることができます。

日本語の音声ガイドもついているので、
外観観光だけでいい方や時間のない方におすすめですよ。

都市 料金(1日券) 料金(2日券)
バルセロナ 30ユーロ(3,740円) 40ユーロ(4,990円)
マドリード 22ユーロ(2,745円) 26ユーロ(3,240円)
セビリア 21ユーロ(2,620円) 29ユーロ(3,615円)

ご覧のように、

サグラダ・ファミリアの入場券のみチケットが、15ユーロ。
アルハンブラ宮殿の一般チケットが、14ユーロと決して安くはありませんね 苦笑

行きたい観光スポットの数によってかかる費用は違いますが、
それでも1週間の滞在ならば、1万円で満足な観光ができると思います。

観光スポットの入場料を抑えたいなら、観光バスに乗ることをおすすめするよ。外観だけでも観光した気分になれるし、街並みも肌で感じられて楽しいよ!

スペイン国内移動費

鉄道

バルセロナ→マドリードなどスペイン国内を移動したい方も多いでしょう。
スペイン国内を鉄道で移動する時にかかる費用はこんな感じです(2019/01/23現在)。

鉄道(スペインの鉄道Renfeでの価格)
行き先 料金
バルセロナ→マドリード(AVE) 58.15ユーロ(7,254円)~
マドリード→バルセロナ(AVE) 48.30ユーロ(6,025円)~
マドリード→トレド(AVANT) 片道11.10ユーロ/往復22.20ユーロ
(片道1,384円/往復2,769円)
マドリード→セビリア(AVE) 41.20ユーロ(5,139円)~
グラナダ→セビリア(MD) 31.20ユーロ(3,892円)
セビリア→グラナダ(MD) 31.20ユーロ(3,892円)
セビリア→マドリード(AVE) 41.20ユーロ(5,139円)~

少々割高になりますが、日本から事前にチケットを予約するには、
以下のサイトがおすすめです。日本語でチケットを予約することができますよ。

駅の窓口はかなり並ぶので、事前に購入しておくと安心ですし、移動もスムーズですよ。

鉄道の予約サイトを見てみる

AVEと呼ばれるスペイン版の新幹線には一度乗ってみてください。
車窓からスペインの風景を楽しむことが出来ますよ。

飛行機

バルセロナからセビリア、グラナダなど
アンダルシア地方に行く場合は、飛行機がおすすめです。

飛行機(スペインのLCC・Vueling航空での価格)
行き先 料金
バルセロナ→グラナダ 69,99ユーロ(8,731円)~
バルセロナ→セビリア 63,99ユーロ(7,982円)~

主要な国内移動ルートを上げましたが、
上記の路線以外は下記のサイトで探してみてください。

少々割高になりますが、飛行機の場合は日本から事前にチケットを予約した方がいいです。
以下のサイトなら、日本語でチケットを予約することができますよ。

航空券の予約サイトを見てみる

ちなみに、バスで国内を移動する方法もありますが、
鉄道や飛行機の倍以上の時間がかかるので、1週間の滞在ではおすすめしません。

スペイン国内の移動費は、行きたい都市の数によります。

費用を抑えるために効率の良い移動が重要だよ。同じ都市にはなるべく戻ることのないようにしよう!

↓↓スペイン国内を効率良く移動するには、こちらの記事をどうぞ。参考になりますよ↓↓


交通費

地下鉄・バス

観光スポットまで地下鉄やバスで移動したい方は参考にしてください。
各都市の地下鉄や市バスの料金は以下のようになっています。

都市 地下鉄 市バス
バルセロナ 2.20ユーロ(274円)~ 2.15ユーロ(268円)
マドリード 1.50~2ユーロ(187~249円) 1.50ユーロ(187円)
セビリア 0.82~1.37ユーロ(102~170円) 1.40ユーロ(174円)

移動には公共交通機関を利用するのが費用を抑えるための賢い方法ですが、

バルセロナとマドリードの地下鉄を利用する際には、
スリや予期せぬトラブルに気をつけてください。

日本にいる時と同じ感覚でいると危険ですので、常時気を引き締めるようにしましょう。

また、スペインの市バスは日本のようにアナウンスが流れませんので、
どこなのか分からずに目的地を通り過ぎてしまうことも多々あります ^^;

最初に乗る時に運転手さんに「Se va a ◯◯?(◯◯に行きますか?)」とたずねましょう。
目的地に着いたら、教えてくれますよ。

タクシー

タクシーの料金は、私の経験上だいたい以下のようになっています。
交通量などで増減はありますが、目安として参考にしてください。

タクシー
目的地までの時間 料金の目安
5~10分 5~10ユーロ(620~1,240円)程度
~20分 20ユーロ(2,490円)程度
~30分 30ユーロ(3,740円)程度

費用はかかりますが、地下鉄や市バスのようにルートを調べなくても
目的地まで楽に移動できるので、時間がない時にはとても便利ですよ。

都市によってタクシーのカラーが違い、
バルセロナでは上記画像の黒と黄色のカラー、
マドリードやセビリアでは白いタクシーとなっています。

言葉で目的地を伝えても、通じない場合もあるかと思いますが、
事前に紙に書いて用意しておくとスムーズです。

空港や駅からの発着の場合は、1~3ユーロ程度の
追加料金が上乗せされるので、注意してください。

ちなみに、マドリードのバラハス空港発着は、
一律30ユーロ(追加料金含む)となっています。

お土産

海外旅行のお楽しみと言えば、お土産ですね。

買う物によって値段が違いますが、
3,000円~1万円の範囲で大丈夫だと思います。

スペイン土産では、オリーブオイルや陶器などが人気のお土産となっています。

家族や親友など大切な人たちへのお土産は、以下の記事を参考にしてくださいね。

↓↓こちらの記事も参考にどうぞ↓↓

いろいろと見てきたけど、実際スペインに行くのに必須なのは、航空券代とホテル代、食費の3つで、20万円くらいの費用が必要になるよ。観光スポットや国内移動費はお好みで予算を立てよう。

Sponsored Link

【番外編】スペイン旅行に行く前に!

WiFi

三つ星以上のホテルなら、ほとんどのホテルでWiFiの無料サービスがあると思いますが、
ホテルの部屋の中でしかWiFiが使えません。

空港や駅、観光スポットなどへの外出の際、地図を見たり、近くのレストランを探したり、
万が一の緊急事態にも対応できますので、別にWiFiがあった方が便利だと思います。

スペインなら1日定額850円で4G LTE対応の
WiFiレンタルサービスもありますので、下記のサイトを検討してみてください。

レンタルWiFiを見てみる

日焼け止め



日本よりも太陽が近く感じられ、スペインの日差しはどこでもかなり強いです。

きちんとした日焼け止め対策をして行かないと、
顔はもちろん、手の甲など出ている肌はすぐに焼けてしまいます。

私自身も日焼け止め対策をしてなかった時には、
春でしたがすぐに顔や手の甲が焼けてしまいました。

特にセビリアやグラナダなどアンダルシア地方に行かれる場合は要注意です。
アンダルシア地方の太陽はさらに強力です。夏なら大変なことになってしまうと思われます。

焼けたくない場合は、日焼け止め対策をしっかり行いましょう。
こちらの日焼け止めがおすすめです。

おすすめの日焼け止めを見てみる

サングラス

上述したように、スペインの日差しはどこでもかなり強く眩しいです。

目の弱い方だと開けていられない場合もあるので(私です 笑)、サングラスは必需品です。

実際スペインに行ってみると、サングラスをしている人が多いです。
日本ではファッション感覚でサングラスをする人が多いですが、
スペインでは実用品と言ったところですね。

本当に日本とは太陽の質が違い、かなり眩しいので、
心配な方は事前に購入しておくことをおすすめします。

おすすめのサングラスです。


日焼け止め フェイストリックグラッシーズ サングラス IR3107-12BH UVカット・近赤外線カット・ブルー光線カット 鯖江メーカーレンズでしっかりガード

スペイン語

スペインを旅行するなら、スペイン語にも興味がありませんか。

できれば英語に頼らないで、スペイン語で
コミュニケーションできるようになりたいですよね。

当サイトがおすすめしているスペイン語教材
「スペイン語さくっと習得プログラム」で、

1日たった30分の勉強で
2ヶ月後にはスペイン語で日常会話が話せるようになってみませんか。

興味のある方は、以下の記事の
「スペイン語を独学2ヶ月でマスターする方法はコレだ!」を参考にしてくださいね。

↓↓こちらの記事も参考にどうぞ↓↓

これらの物は持って行けば、現地でとても役に立つ優れものだよ。忘れずに準備しておこう!次の項目では、モデルコースを使って1週間の費用をシミュレーションしてみるよ。

モデルコースで1週間の費用をシミュレーション!

スペインにはバルセロナから入り、帰りはマドリードから帰国するというモデルコースで、
1週間の費用をシミュレーションしてみましょう。

※ユーロは、1ユーロ124円としておよそ換算したものです(2019/01/24時点)。

1日目:日本からスペインへ:バルセロナ泊
2日目:バルセロナ滞在:サグラダ・ファミリア観光
3日目:バルセロナ滞在:カサ・ミラ、グエル公園などを観光して移動/グラナダ泊
4日目:グラナダ滞在:アルハンブラ宮殿を観光して移動/セビリア泊
5日目:セビリア滞在:セビリア大聖堂観光
6日目:セビリア滞在:コルドバ・メスキータ観光/マドリード泊
7日目:マドリード滞在:プラド美術館などを観光
8日目:マドリード滞在:トレド観光
9日目:日本に帰国

内訳 費用
航空券(ヨーロッパ系航空会社利用) 約10万円
バルセロナ・ホテル代(2泊) 約2万円
サグラダ・ファミリア入場料金 15ユーロ(1,870円)
カサ・ミラ入場料金 22ユーロ(2,745円)
グエル公園入場料金 8ユーロ(998円)
バルセロナ→グラナダ移動費 69,99ユーロ(8,731円)
グラナダ・ホテル代(1泊) 約1万円
アルハンブラ宮殿入場料金 14ユーロ(1,746円)
グラナダ→セビリア移動費 31.20ユーロ(3,892円)
セビリア・ホテル代(2泊) 約2万円
セビリア大聖堂入場料金 9ユーロ(1,122円)
セビリア→マドリード移動費 41.20ユーロ(5,139円)
マドリード・ホテル代(2泊) 約2万円
プラド美術館入場料金 15ユーロ(1,870円)
マドリード→トレド往復移動費 22.20ユーロ(2,769円)
トレド大聖堂入場料金 10ユーロ(1,240円)
合計 = 約202,122円

以下は、1日の食費の例です。どれくらいかかるのか参考にどうぞ。

1日の食事の例
食事 費用
朝食 スーパーで買ったパン(ホテルが朝食つきの場合はなし) 0.30ユーロ(37円)
昼食 トルティージャなどの軽い料理 10ユーロ(1,240円)
夕食 パエーリャなどのスペイン料理 15ユーロ(1,870円)
合計 = 約3,147円

他のコースでスペインを旅したい方は、
無料でプランを立ててもらうことができるこちらのサイトがおすすめです。

自分でコースを計画するのは時間もかかりますし、なにかと大変ですが、

このサイトなら1回の入力で簡単に複数の旅行会社に
プランを見積もってもらえるので、とても便利ですよ。

今なら、下記のサイトで見積もりしたプランで旅行に行かれた方、
全員に1,000円分のクオカードがもらえますよ。

無料見積もりサイトを見てみる

↓↓こちらの記事も参考にどうぞ↓↓

グラシアス、トロ!とても参考になったよ。このモデルコースでそのまま行っちゃおうかな。

よかったね、マリア。みんなもそれぞれの予算や計画によって変わってくるから、紹介した価格表を上手に使って、事前に算出しておこう。

海外旅行保険には入った方がいいの?

あまり考えたくはないですが、現地で病気や怪我をしてしまったり、
予期せぬトラブルに遭ったりなど、万が一の事態が起きないとは言い切れません。

海外旅行保険料は、旅行期間によって違いますが、
1週間の滞在なら「3,000円~」はかかります。

3,000円~があれば、ホテル代に回すこともできますし、
美味しいスペイン料理を食べたりお土産も奮発できるので、
払うのはちょっともったいない気がしますよね。

当サイトでは、海外旅行保険に入るよりも、
海外旅行保険がついているエポスカードをおすすめしています。

エポスカードは、年会費が永久無料で
海外旅行保険が自動付帯しており、

現地で万が一の事態になった時も、
現金なしで医療を受けることが出来る
医療費キャッシュレスサービス
がついている

スペイン旅行に必須のクレジットカードです。

スペインでは何かと使う機会が多くなるクレジットカードですし、
持つなら一石二鳥だと思います。

エポスカードの詳細を見てみる

↓↓あわせて、こちらの記事もどうぞ↓↓


現金はいくら持って行けばいいの?

これも計画によりますが、

一日あたり1万円ほどが目安となっているようです。

ということは、1週間で7万円の現金が必要ということになりますね。

私にはちょっと高すぎるように思います 苦笑

ショッピングなどでの支払いはクレジットカードで済ませてもいいのですが、
店によってはカードが通らないという場合もありますので、

いくらか現金は持っていた方が安心ですね。

鉄道や観光スポットのチケットを現地で購入しようとしている場合なら、なおさらです。

やはりご自身の計画によって一日あたりの現金を決めた方が良いでしょう。
この現金の中には、食費なども含まれていますよ。

ちなみにクレジットカードは、エポスカードをおすすめします。

・年会費が永久無料
・海外旅行保険が自動付帯
・医療費キャッシュレスサービス

(現地で病気・怪我の場合も、現金なしで医療を受けられる)

という3大メリットつきの、スペイン旅行に必須のクレジットカードですよ。

エポスカードの詳細を見てみる

↓↓あわせて、こちらの記事もどうぞ↓↓


まとめ

いかがでしたか。

スペイン旅行の費用や予算、現金など、
おおよその金額はイメージできたでしょうか。

1週間スペインに行くのに必須なのは、
航空券代とホテル代、食費の3つで、
20万円くらいの費用が必要になります。

その他の観光スポットや国内移動費はご自身の予算と相談しながら、
計画することをおすすめします。

じゃあ、必須なのは航空券代とホテル代、食費ってことか。まずは、20万円くらいの費用が必要だってことだね。

そうだね。まずは、航空券代とホテル代、食費の予算を立ててから、観光スポットや国内移動費を考えよう。計画も旅行の醍醐味だよね!

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓↓よかったら、こちらの記事もどうぞ↓↓


Sponsored Link